個性と常識、選ぶのは

名刺は、ビジネスの場で重要なツールです。反面、何枚の名刺を配っても、ビジネスの成功につながらないと悩んでいる人もいます。そのようなとき考えるのが、名刺にもっと個性を出したほうがよいのではないかということです。
オリジナリティの高い名刺を作成すれば、名刺を渡した相手に注目してもらえるのではないかと考えるのも、無理はありません。実際、個性的な名刺が人目を引くこともあります。斬新なデザインに、取っておこうとする人もいるでしょう。しかし、どんなに凝った名刺も、何度も見返すことは、そうそうありません。その意味では、デザインが凝っていようがいまいが、対等な立場なのです。

では、注目される名刺とは、どのような名刺でしょうか。それは、常識をわきまえた名刺です。ありきたりなようでいて、きちんとマナーを守って作成された名刺には、品格がただよっています。突飛なデザインをする以上に、風格を感じさせて一目置かれるのが、常識のある名刺です。
常識的な名刺でも、一味違う見た目にすることは可能です。そのコツは、名刺作成業者が心得ています。たくさんあるサンプルの中にも、実績のある名刺デザインが紹介されているのです。試してみると、効果の程もわかるでしょう。

自作はあり得ない?

小規模なビジネスをしている場合に多いのが、名刺を自作すること。最近では、おしゃれな名刺を手軽に自作することが可能です。パソコンでソフトを扱うことができれば、ちょっと気の利いた名刺を作成できます。ただし、ビジネスで使用するとなると、守っておきたいマナーを無視するわけにはいきません。旧知の関係であれば、多少のマナー違反には目をつむってもらえる可能性があります。初めて出会った相手となると、名刺の作成マナーでビジネス相手にふさわしい相手か否かを判断されてしまうこともあるのです。

自作名刺では、名刺の内容をチェックする人が限られているのがネック。その点、名刺作成業者に依頼すれば、一般的な名刺と比べて作成マナーに違和感があることを指摘してもらえるチャンスがあります。ありきたりな名刺にしたくないという個性を、マナーのない名刺作成に結び付けてはいけません。個性を活かしながらも、ビジネスの成功に結び付ける名刺の作成方法は、業者がよく知っています。

手間も費用も、意外にかかる自作名刺。手間を省いて、妥当な費用を払えば、クオリティの高いビジネス名刺を作成できる業者への発注とは、比較の対象にならないのではないでしょうか。

ビジネス名刺の重要点

名刺を差し出すスーツ姿の男性印刷する情報、名刺のサイズ、デザインなど、いずれもビジネス名刺を使用するにはおろそかにできないポイントです。
印刷する情報は、氏名や連絡先のことですが、最低限入れておきたい情報に注意するだけでなく、配置やフォントにこだわることで見やすくすることも重要なのです。
フォントの種類は、あまり数多く使用すると目が混乱するといわれますが、フォントの種類はそろえてサイズに強弱とつければ見やすくなります。
いろいろな名刺を見ても、フォントのサイズに変化をつけられていることがわかるでしょう。

連絡先の電話番号を見やすい位置にしてみるなども、デザインの工夫の一つです。一般的には、住所やメールアドレスと並列に電話番号を記載するものですが、外回りが多い人などは携帯でしか連絡がつきにくいことがあります。携帯番号を氏名の近くに置き、あえて住所とは離すことで、もらった相手に連絡先がすぐにわかりやすい、連絡をしてみようという気になせる効果が出るのです。
ウェブサイトを見てほしいときなども、URLを他の情報と切り離して配置すると、目に付きやすいという特徴につながります。これらのポイントを押さえたビジネス名刺を作ると、周囲と差を出すことができるでしょう。

ビジネス名刺の作り方

ビジネス名刺を作成するにあたって、重要なことは何かと思うときは、名刺の効果を狙っているときではないでしょうか。ビジネス名刺は、ただコミュニケーションのために交換するわけではありません。ビジネスにつなげるために、名刺を配るのです。そのため、いくら名刺を配ってもビジネスに効果が出ないとわかれば、名刺のデザインを変更することも検討してみるべきです。

ビジネス名刺には、最低限のマナーがあります。サイズや情報など、受け取る側が見やすい、整理しやすい名刺であることがポイントです。マナーを守った名刺は、ビジネスのスタートラインに立つことができます。あまりに独自のセンスが際立ち過ぎた名刺は、注目はされても引かれてしまう可能性があるのです。その場合、ビジネスのスタートラインに立つことすらできません。ありきたりなようでいて、マナーを守った名刺を作成するのは、個性的でもあることです。自作の名刺などは、名刺のマナーを知り抜いていない場合、ビジネスシーンには向かないこともあります。

自分の名刺が、常識を守っていて、なおかつビジネスに効果を発揮してくれそうかどうかの判断は、実績のある名刺作成業者が一番に心得ています。なぜなら、数多くのビジネス名刺を取り扱い、成功者もそうでない者も見ているからです。成功するビジネス名刺を作成したいと思ったら、腕のよい名刺作成業者に相談してみることです。無理なく、解決の糸口が見えてくることでしょう。